Vストローム650XT(2019)-気ままなライダー

FJ1200からVストローム650XTに乗り換えた記録

バイクで会話-無線について思うこと  1

バイク用無線について思うこと。


バイクで走りながら、話が出来るというのは、画期的なことですね。

私の場合は、昔、アマチュア無線を使っていたので、

無線に馴染みがあったので、無線で、バイクで話が出来ないかと、模索しました。



アマチュア無線ですと、無線機を使う人全員が、アマチュア無線の資格を持ってないと、使用できないので、

免許がいらない無線で始めようと。

最初に選んだのは、小型特小無線機。


f:id:V-ST650-KIMAMA:20210109214046j:plain


これだと、無線機が1台8000えんぐらい、スピーカーマイクスイッチで2000円程度、

10000円ぐらいで始められる。


f:id:V-ST650-KIMAMA:20210109214108j:plain



格安で売っているものもありますが、それは、使えないほど、良くない、経験上。



バイクの場合は、エンジン音があるので、しっかりと音声が聞こえないと話にならない。


音声出力の大きさ、音のクリアさも大事です。


この特小無線機は、10mWという出力なので、送信パワーは、弱いです。



バイクですと、時速40-50kmぐらいまで、距離も100mぐらいでなら、使用可能でした。


バイクとバイクの間に、障害物があると、もっと、距離は、短くなります。


今、流行りのインカムなどと、違って、交互通話となります。



暫くは、バイク仲間とこれを、使ってました。



これでも、無いよりは、全然良くて、1年弱は、使用しました。


ただ、これだと、走りながらの、会話が途切れ途切れになったりするときがあり、もう少し、良い通話が出来る物が、ないかと、考えるようになりました。



次へ。